記事一覧

(平成30年5月MAY 2018 第152 【ロコモ対策で健康長寿を】

*ロコモって何? どうしてなるの?●
「ロコモティブシンドロ-ム」とは体を支えて動かす筋肉や骨・関節などに障害が起き、立つ、歩くといった機能が低下した状態の事を言い、進行すると介護の必要が高くなります。多くの場合、高齢になったから突然ロコモになるのではなく、骨粗鬆症などの病気、運動習慣のない生活、痩せすぎや肥満などを招く生活習慣が大きく関わっています。
●今すぐ始めたいロコモ対策●
介護や支援を必要とする人は年々増えており、その主な原因は「認知症18%」「脳血管疾患16.6%」「骨折・転倒12.1%」や「関節疾患10.2%」など、直接ロコモが関わるのものが合計22.3%と1位の認知症を上回っています。
「寝たきりや要介護なんてまだ先の事」と先送りにせず、体が十分に動かせるうちに運動習慣をつける事が大切です。
最近では、認知症予防にも運動が良い事が分かってきました。
加齢により運動機能が低下する事は避けられませんが、その変化を緩やかにしてくれます。運動・食事へ意識を向け、今すぐ出来る事から始めてみませんか?

●基本のロコモトレ-ニング●
▲片脚立ち
転倒しない様に必ず、つかまる物がある場所で行いましょう。
床につかない程度に片脚を上げます。左右1分ずつ、1日3回を目安に。
▲スクワット
肩幅より少し広めに立ち、膝は足の人差し指の方向に向けます。
膝がつま先よりも前に出ない様にしながら、お尻を後ろに引くように体をしずめ、元の位置に戻します。深呼吸をするぺ-スで5~6回繰り返しましょう。1日3回を目安に。

●運動習慣を身につけよう●
・階段を使う・こまめに掃除をする・窓ふきをする・駅まで歩く・
ひと駅分歩く・ロコモトレ-ニングをする・床掃除・こまめに買い物に行く・いつもより遠いス-パに歩いて買い物へ・ラジオ体操をする